永久保証制度

インプラント手治療に顎の状態が関係するのはなぜ?

インプラントによる治療は、顎の骨の状態が悪い場合には受けることができません。
「歯の治療を受けるのになぜ顎の骨?」と感じるかもしれませんが、この治療は
http://www.ha-ha-ha.jp/ago.htmlにもかいてあるように顎の骨に穴を開けて人口歯根となるインプラントを埋め込み、そこに義歯を装着する方法を取るので、顎の骨の状態が悪いと埋め込まれたインプラントを支えることができないのです。

例えば、骨粗鬆症などで顎の骨密度が低い場合や顎の骨の高さや厚みがインプラント治療をおこなえるほどの基準に達していない場合などは、治療を受けることはできません。
ただ、インプラント治療を希望する人の多くは、歯周病などが原因となって歯茎や骨が痩せ細り、歯が抜け落ちているため、顎の骨の状態が基準まで達していない場合がほとんどです。

また歯が抜け落ちた状態をそのまま放置しておくと、抜け落ちた歯を支えていた周囲の骨がどんどんと痩せ細っていくため、放置をしている期間が長いほどインプラントの治療を受けることが難しくなると言われています。
ただ、このような場合でも増骨手術や骨移植などをおこなって骨の状態を改善させることができれば、
治療を受けることが可能になります。
増骨手術とは、上顎の上部にある空洞に人口骨などを移植して骨を増やす手術のことを言い、サイナスリフトとも呼ばれています。

また、骨移植には、自分の骨を移植する自家骨移植と、人工的に作られた骨を移植する人工骨移植の2つの種類があり、自家骨移植の場合は、自分の骨を使用するため拒絶反応が少なく、骨の接合が良いことがメリットとなりますが、採取をする部分と移植をする部分の2か所を手術する必要があるため、患者への負担が大きくなるというデメリットもあります。
そのため、自分の骨だけでは移植する骨量が足りない場合や、患者への負担を軽減したい場合などには、人工骨移植が多くおこなわれるようです。
ただ、人工骨は自家骨と比べると骨の接合に時間がかかりますし、厚生省の認可などの問題で大学病院では使用できない場合があるというデメリットもあります。
また、増骨手術や骨移植以外にも、通常よりも短いインプラントを使用して骨にインプラントを固定をさせる方法もあります。
しかし、これらの方法は、ごく一部の歯科医院でしかおこなうことができないという現状もあり、治療費がかなりの高額になることがネックとなっています。
インプラントの治療費は病院によってちがうので、いくつかの病院で比較検討してから始めるようにしましょう。
治療費の相場価格がhttp://www.pic4.us/souba.htmlに載っています。
あくまで相場なので、病院によって金額に差はありますが参考にしていただきたいです。

Copyright(C) 2013 歯を健康に保つために必要な事 All Rights Reserved.