永久保証制度

インプラント治療にはどれくらいの期間が必要なの?

インプラント治療は本来の歯と比べて噛む力がほとんど変わりませんし、見た目にも違和感が少ないことから、すぐにでも治療をおこなって今の状態を改善させたいと考えている人も多いことでしょう。
しかし、この治療は歯茎を切開して顎の骨に穴を開け、そこに人口歯根(インプラント)を埋めるなどの外科手術をおこなう必要があるため、入れ歯や差し歯などの歯科治療と比べると治療期間が長いことが特徴です。
インプラント治療は患者の骨の状態や口腔環境などによっておこなわれる治療方法に違いが出るため、
詳しい治療期間は担当の医師に相談をする必要がありますが、ここでは一般的な治療期間についてお話しをしたいと思います。

まず最初に、レントゲンやCTスキャンを使って患者の骨の状態や口腔環境の確認をおこないます。
この段階で歯周病や虫歯などが見つかった場合には、インプラント治療を始める前に歯周病や虫歯の治療をおこなって症状を改善させる必要があります。
また、骨の幅や高さ、密度などが足りない場合には骨を増やす手術がおこなわれます。

次に、歯茎を切開して顎の骨に人口歯根(インプラント)を埋め込む手術をおこないます。
埋め込む本数が1本の場合は30分程度で手術を終わらせることができますし、本数が多くて時間がかかったとしても通常は3時間以内に終わらせることができます。
ここまででしたら他の歯科治療の治療期間とそれほど変わりがありませんが、この治療は埋め込まれたインプラントと骨がしっかりと結合して定着をするまで、通常の場合は次の治療がおこなわれないため治療期間が長くなるのです。

インプラントと骨が定着をするまでの期間は上顎の場合3ヶ月、下顎の場合6ヶ月程度と言われており、
定着をされていることが確認されたらもう一度歯茎を切開して、埋め込まれたインプラントに連結部分となるアバットメントを装着する手術がおこなわれます。

2回目の手術と同時に、義歯の色や形を決定させて、義歯が出来上がった時点で見た目や装着感の確認を何度かおこないます。
そして、納得ができたら義歯の装着をおこないます。
これでインプラント治療は終了となりますが、治療後もインプラントの定着状況の確認や歯周病の予防などのために定期的に病院を訪れてメンテナンスをおこなう必要もあります。
つまり、この治療は術前と術後の期間も加えると、最低でも半年〜1年以上の治療期間を必要とするのです。
ただ、最近では、できるだけ早く治療を終わらせたいと希望する患者のために、1回の手術で義歯の装着をおこなう方法をなどをとる病院も増えているようです。

こちらにインプラント治療の体験談が載っています。
この治療にかかる時間や金額、また治療までの流れなど体験談ならではの内容が詳しくかいてありますのでとても参考になりますよ。

Copyright(C) 2013 歯を健康に保つために必要な事 All Rights Reserved.