永久保証制度

インプラントの義歯の形はどのようにして作られるの?

インプラントによって装着をされた義歯は、自分が本来持っている歯とほとんど変わらない見かけになることが魅力だとも言われていますが、なぜそのように正確な見かけの義歯を作り出すことができるのでしょうか?
その一番の理由は、インプラント本来やインプラントに使用をされる義歯のすべてがオーダーメイドで作られており、治療をする患者に合った形に調整をすることが可能だからだと考えられます。
インプラントによる歯科治療は、噛む力や食感が本来の歯とほとんど変わらないため、違和感なく日常生活を送ることができると言われています。

噛む力や食感に違いが出ないのは、インプラントによって義歯がしっかりと固定をされていることはもちろんですが、綿密な打ち合わせと計算によって、義歯の形を整えて、噛み合わせを良くすることができるからなのです。
患者に合った義歯を作るためには、まず、口の中全体とインプラント部分の型をとって、顎の位置を正確に再現した模型を制作します。
そして、できあがった模型を元にして、義歯以外の歯の形や色、歯並びなどの確認をして、患者の希望を聞き取りながら、専門の歯科技工士が周囲の歯と調和のとれる義歯を制作します。

義歯の形は、一度きりの話し合いで決定をするのではなく、模型を使いながら義歯を入れた後の状態を患者と何度も確認し合って事細かく決めて行くのです。
このように、手間と時間をかけながら義歯の制作をおこなうことで、人口で作られた歯でありながらも、本物の歯と変わらないような付け心地で日常生活を送ることが可能になるのです。
しかし、残念ながらすべての歯科医院で、お話をしたように、何度も話し合いをおこないながら詳細を決めて義歯を制作しているわけではありません。
納得のできる結果を得るためには、事前に義歯の制作方法を確認しておくことが大切になりますし、自分の意見ばかりを通すような医師ではなく、患者の声に親身になって耳を傾けて、患者と一緒になってインプラントの治療をおこなってくれるような医師がいる歯科医院を選ぶことが大切だと言えます。

こちらにはインプラントのメリット・デメリットや治療を行う病院選びのポイントなどが紹介されています。
とても参考になるサイトなのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 歯を健康に保つために必要な事 All Rights Reserved.