永久保証制度

歯を失ったらインプラント以外の解決方法はないの?

虫歯や歯周病、突然の事故などが原因で歯を失った場合、日常の食事が困難になることはもちろんのこと、見た目も気になりますから、何とかその状態を解決したいと考えますよね?
奥歯などの目立たない部分の歯を失った場合には、あまり生活に支障が出ないと考えて、治療をおこなわない人もいるかもしれませんが、歯を失うことで上下や両隣の歯並びにも影響を与えて、全体の噛み合わせまで悪くなりますし、噛み合わせが悪くなることで、頭痛や肩こりなどの体の不調を感じる場合もあります。
また、歯を失った部分を放置することで、虫歯や歯周病にかかるリスクも高まるのです。

このようなことから、歯を失った場合には、必ず治療をおこなうことをお勧めしますが、治療にはどのような方法が考えられるのでしょうか?
歯を失った場合の治療方法として、インプラントによる治療が有効だということは、今まで散々お話しをしてきましたので、ここではインプラント以外の治療方法についてお話をしたいと思います。
まず、一番ポピュラーな治療方法として知られているのが「入れ歯」ですよね。

入れ歯には、部分的に歯を失った時に使用される部分入れ歯と、全ての歯を失った時に使用される総入れ歯の2つの種類があり、プラスチックや金属の金具で義歯を固定する方法が一般的です。
入れ歯を使用するメリットとしては、健康保険を適応させることができるため治療費を比較的安く済ませることができることや、取り外しができるためこまめに消毒をおこなうことができること、入れ歯が合わなくなった場合にすぐに作り替えができることなどがあげられます。
ただ、安定感が少ないため慣れるまでに違和感があり、噛む力も本来の歯の20〜30%くらいにまで落ちるため、固い食べ物が食べづらくなって、発音が悪くなるなどの支障が現れる場合があります。

また、見た目も入れ歯だということがわかりやすく、入れ歯を使用することで歯茎が痩せ細り、噛む力をさらに弱めて、残っている周囲の歯の寿命を縮める可能性が高まるなどのデメリットがあります。
最近では、見た目や違和感を改善させて使用することのできる入れ歯も多く出てきてますが、このような入れ歯は健康保険の適応外となってしまいます。
次に、見た目などの違和感を解消することのできる治療方法として「ブリッジ」という方法があります。

ブリッジ治療は、本来の歯と同じような力で噛むことができるため、入れ歯と比べて違和感が少なく、素材によっては見た目もほとんど変わりません。
また、取り外しをする必要がないため、本来の歯と同じような手入れ方法をおこなうだけで良いことや、種類によっては健康保険を適応させることができるなどのメリットもあります。
ただ、ブリッジ治療は、健康な歯を削って、その歯を支えにすることで義歯を固定しているので、支えとなっている歯の負担が大変大きく、歯周病などの病気にかかりやすくなります。

そのため、ブリッジ治療をおこなったことがきっかけとなって、今までと健康であった歯までもが抜けてしまうなどのトラブルも起こっています。
インプラント、入れ歯、ブリッジなどの全ての治療には、異なったメリット、デメリットがあり、口の中の状況も人それぞれなので、一概にどの治療方法を選択することが正しいと言うことはできません。
それぞれの方法のメリット、デメリットをしっかりと理解して、医師と相談をしながら自分に合った治療方法を選択するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 歯を健康に保つために必要な事 All Rights Reserved.