永久保証制度

インプラント治療は決して怖い治療ではない

インプラントという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、この治療がどのような治療なのかを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?
治療方法を知らない人に説明をしてみると、顎の骨にインプラントを埋め込む外科手術をおこなう必要があるため、多くの人は怖いという印象を持つようです。
その証拠にインプラントの治療に踏み切ることのできない一番の理由は手術を恐れているためだとも言われています。

治療を受けるうえでまず不安に感じることが、術前と術後の痛みだと思いますが、インプラントの手術は麻酔をかけておこなわれるため、手術中に痛みを感じることはほとんどありませんし、麻酔の種類によっては眠っているような状態で手術を受けることができるため不安を感じる必要はありません。

また、術後も恐れているような激痛があるわけではありませんし、もしも痛みが気になるようでしたら
病院から処方をされた痛み止めを服用することで、ある程度和らげることができます。


次に不安に感じることと言えば、手術が失敗をするのではないかと言う不安ではないでしょうか?
とくに昨今ではインプラント治療によるトラブルがテレビや雑誌などで取り上げられており、
このことをきっかけに治療に対する恐怖心がさらに広がっているようにも感じます。

では、インプラント治療はテレビや雑紙で取り上げられたように本当に危険な治療なのでしょうか?
インプラント治療の成功率は残念ながら100%ではありません。
しかし、90%以上は問題なく治療を終わらせることができており、多くの患者さんが治療を受けたことによって治療前よりも快適な生活を送ることができていると言います。
ただ皆さんが恐れているのは、ほんの数%の失敗例に自分があてはまる可能性があると考えるからですよね?

治療を成功させるためには治療を受ける病院の環境と、どんな医師が治療をおこなうのかを慎重に調べる必要があります。
病院は、最新の設備が整っていて、CTを使用しながら事前の検査を綿密におこなう病院、滅菌システムがしっかりと確立をした病院を選ぶことが良いとされています。
一概には言えませんが、大学病院や歯科付属病院などは、比較的設備が整っており、何か不具合が起こった時にすぐに対応ができるので安心だとも言われています。

また、インプラント治療によるトラブルは経験や知識が少ない医師が治療をおこなうことが原因となる場合が多いので、インプラントについての勉強や経験を積んでいて、学会から認定を受けている専門医がいる病院を選ぶようにしましょう。

日本でおこなわれるようになってから既に40年以上の月日が流れており、治療に使用をされる設備や医師の技術も治療が始まった当時よりも格段に進歩をしているます。
インプラント治療は、本来の歯と変わらずに日常生活が送れる可能性のある画期的な治療方法です。
ただ、何となくのイメージで敬遠をするのではなく、インプラント治療の内容を十分に理解をしてから治療を受けるかどうかを判断するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 歯を健康に保つために必要な事 All Rights Reserved.