永久保証制度

インプラントをしてレントゲン撮影をするとどのように写るの?

インプラントによる歯科治療をおこなっていることを見た目だけで判断することは難しい言われています。
この治療は金属の歯根を顎の骨に埋め込む手術をおこなうため非常に安定感がありますし、
インプラントに装着をされる義歯も、綿密な打ち合わせによって色や形を決めて制作をされるため、本来の歯とほとんど変わらない状態に仕上げられています。
しかし、精巧に作られたインプラントであっても装着をしていることがわかってしまうケースもあります。

たとえば、病院の検査などでレントゲン写真を撮る場合には、撮影をされた写真にインプラントの形がはっきりと写し出せれます。
虫歯などの治療をおこなったことがある人は、レントゲン撮影によって写し出された写真を見たことがあると思いますが、通常の歯の場合は歯茎の中の歯とその下にある歯の根が鮮明に写し出されていますよね?
インプラント治療をおこなっている人の場合は、歯茎の中に埋まっているボルト状の形が鮮明に写し出されるため、レントゲン写真を見れば治療をおこなっていることが一目でわかってしまうのです。

ただ、レントゲン撮影は病院の検査などの限られた状況以外で使用をされることはないので、知人などに知られる心配はまずないでしょう。
ただ、病院での検査や治療内容によってはインプラントが埋まっていることが不都合な場合もあるため、レントゲン写真を撮る場合には、事前に病院に伝えておくようにしましょう。
また、インプラント治療をおこなった人の中には、治療後にCT撮影やMRI撮影がおこなえないと考えている人もいるようですが、実際はそのような心配はありません。
CT撮影とは、細いX線を照射して体を通過した投影データをコンピュータによって画像編集をするもので、CT撮影をおこなう場合には、身につけている金属を外すように言われるため、インプラントをしていることを不安に感じる人も多いと思いますが、インプラントに使用をされているチタンはX線吸収率が非常に少ない金属なので撮影を妨げる心配はありません。
また、MRI撮影の場合は、磁気を人体にあてて画像を作り出すのですが、全ての金属が磁気に反応をするわけではなく、チタンは非磁性金属であるため、撮影を妨げることはないのです。
こちらにインプラントが天然の歯に怠る点が載っています。
他にも入れ歯やブリッジという治療法もあるため、自由診療扱いになっています。

Copyright(C) 2013 歯を健康に保つために必要な事 All Rights Reserved.